レーシック手術を受けようとしている人

システムエンジニアをしています。

一日中、パソコンに向かって仕事をしているので、目を行使しているからか眼鏡かコンタクトの人が結構います。

その職場で最近、レーシック手術を受けた人が2人います。

眼鏡やコンタクトをするのが面倒になったということで、20代と30代の男性がレーシック手術を受けました。

40代の男性も受けようと眼科を受診したところなんと、緑内障が見つかりレーシック手術は受けることができなくなりました。

病気が分かったので、眼科に行ってよかったのではないかと思います。

なぜか、男性ばかりがレーシック手術を受けるのが、おもしろいです。

女性も眼鏡やコンタクトをしている人はたくさんいますが、レーシック手術を受けようとしている人は、今のところ聞きません。

女性は、お化粧をするのでコンタクトを入れる作業はそんなに手間ではないのかも知れません。
それに眼鏡もおしゃれアイテムに最近はなっているので、眼鏡をしていることが気になることは少ないように思います。目の手術をするという恐怖の方が大きく女性は、手術を受けることをあまり考えないのかもしれないと思います。

レーシック手術を受けた男性に聞くと、日帰りの手術で30分もあれば終わる手術で費用は20万円程度のようです。最近は、安くで手術できる眼科も出ているようですが、安くてもちゃんと目の状態を確認してくれているのか不安になります。

値段だけでなく、ちゃんと納得できる技術と説明があれば安くても安心だと思います。

また、医療保険から保険金が給付される場合もあるようなので、自己負担は多少安くなると思います。

そう考えると、眼鏡やコンタクトを一生つけ続ける場合のラーニングコストを考えると、1回に支払い金額は大きいですが長い目で見るとレーシック手術を受けた方が安いように思います。

しかし簡単な手術とは言え、目に対する治療を施すのですから多少なりともリスクは伴うことを理解した上で手術を受けるか否かを選択すべきだと思います。















Copyright (C) 2015 レーシック手術を受けようとしている人 All Rights Reserved.